学びに投資するお金って・・・

2018/Aug/10

野川友美です。

今日は

==============
学びに投資するお金の話
==============

ということについて、お話させていただきたいと思います。

私の周りには、様々な先生から教わっている方も多いです。
私も今年は、楽しそう!と思った講座には、
積極的に参加するようにしています。

その理由は、
「世界は広い!」
から見てみたいなと思ったからです。

そういえば、、、
ずっと昔からメルマガを読んでて、
憧れのライフスタイルを過ごしている人の
セミナーに、先日行ってきました。

そこで、私が知っている知識よりも
浅い古い(失礼ですね)
知識をお話しされているのを聞いて、
今いる環境は最先端なんだなと思ったことがあります。

世界を見てみないと、自分のいる環境が、
いかにすごいか!
もわからないですね。

でも、、、
私は、去年まで学びに対してお金をかけてこなかった方だと思います。

22歳から働いていた広告代理店では、
ウェブ制作の基本は外注している制作会社さんの社長が、
無料で教えてくれていました。

スキルや概要を教えていただいたことで、
制作会社さんとの仕事のやり取りや、
クライアントさんとスムーズに仕事ができ売上も上がりましたし、
その制作会社さんにも貢献できたと思っています。

ビジネスパートナーの田中祐一さんには
仕事を一緒にさせてもらうことで、様々なことを実践ベースで学びました。
覚えられる環境にいさせてくださって本当に感謝しています。

田中さんにはセミナー講座代を払ってもらって、
勉強に行かせていただいたこともありました。

私がFacebook広告を覚えるために、
Facebook広告運用日本一の林明文さんの、
コンサル代を払ってくださっていたのも田中さんでした。

個人的には、
人のお金で勉強させてもらうなら
自分のお金の3倍努力しろ

というマインドセットなので、プレッシャーがあり、
自分で払ったほうが気が楽だなと思ったこともありましたが、
売上で貢献できるように努力することが恩返しだな、と思ったおかげで、
広告運用で少しは貢献できている自分がいると思っています。

お金を払ってもらった人の期待を裏切るようなことはできない、
というプレッシャーは感じますよね。
逆に、払ってもらったことで縛られたくないなら、
自分でお金を払う方が気が楽ですね。

私の実家は会社を経営しているので、
子供の頃から、お金の話を家族でよくしていました。

そんな話を聞いている、サラリーマン家庭で育った夫は、お金の話が苦手です。
育った環境によって、お金の価値観は違いますが、
親からの影響は大きいのかもしれません。

CATEGORY
PAST ARTICLES