商品に100%満足でも、買わない理由

2018/Aug/16

野川友美です。

昨日は、夜時間が少しあったので
ホットヨガの体験に、行ってきました。

インストラクターの人がとてもいい感じで、
瞑想とかも取り入れてくれて
自分に向き合う時間を作ってくれるので、
このまま入会したいなと思ってはいたのですが、、、

結局、入会しなかったです。

その理由は、、、

====================
スタッフのサービスと話し方が嫌だったから
====================

事前に電話がかかってきて色々と質問された上に、
当日は30分前にきてアンケートに答えてほしい。
と言われ、

その時から
「今、アンケートの内容聞いてるでしょ!」
と、思っていたのですが、、、

当日、お店に行った時も、
控えめなんだけどしつこくて、、、

体験後は、
「今日、入会すれば安い!」
と、値段のことばかり言ってくるのです。

でも、、、
それよりも私は、
予約の取れやすさとか、
シャワールームが綺麗かどうか、

そして、一番は
どんな先生に教えてもらえるのか
そこに、興味があったんです。

最後に、スタッフの方に
「ちょっと(入会は)考えますね。」
と言ったら、

「なんで入会しないのか、聞かせてください!」
「体験がよかったら入るかもしれない
 っていう項目にチェックしてますよね。」
と、これもまたしつこくて、、、
うんざりして、帰りました。

でも、、、
これって、広告でも、
自分もやってることあるかもしれないと、どきっとしました。

=====================
世の中には、自分の考えとは違う人種がいる
=====================

この考えが、広告運用では大事になります。
自分がいいな!と思う響く文章が
お客様にも響くとは限らないからです。

例えば、、、
特典と、金額の値下げ感を押して惹かれる人もいるし、
先生の人柄やノウハウに興味がある人もいる。

権威がある先生から教えてもらいたい人もいれば
素敵な環境と場所に惹かれる人もいる。

自分が自信を持って出した広告の反応が
全然当たらない!ということもあるので、

自分以外の人がどう思うか?
という、”多角的な視点”が大事になります。

世の中には、
自分の考えとは違う人種がいる
ということを知っていれば
ヒヤリングして、相手が何を望んでいるか、
確認することができます。

広告では、その結果が数字として出てきます。

相手が何を求めているのか、もっと聞いてくれたら、
私も、ホットヨガに入会してたかもしれません。

自分の広告運用が、独りよがりになってないか
改めて考えるきっかけになりました。

CATEGORY
PAST ARTICLES