顔出しする派?したくない派?

2018/Oct/05

野川友美です。

私は、先日、自分の講座で
外部講師の方に、動画広告の作り方を教えてもらったり、

とっても楽しい雰囲気の撮影をしたり、

ずーっと憧れてた方と
一緒にお仕事をすることになったり

相変わらず忙しく動き回ってます。

「何の仕事をしたいか?」
より、
「誰と仕事をしたいか?」

が、私にとって大事なので、
好きな人たちと仕事ができるのが楽しいです。

長いお付き合いのある人は
人柄もわかっているので
安心ですし、何よりパワーになりますね。

さて、いきなり話は変わりますが、、、

今日は何気なく
受講生さんと話していて、
思ったこと、、

===========
顔出しする?
自分の名前や顔を出すかどうか
===========

について、
お話をしたいと思います。

私は、動画撮影することが多かったり、
Facebookでも、顔出しは抵抗なくできるのですが、
あなたはどうですか?

顔出ししたりすることに
抵抗がある
って人、結構いますよね。

また、、、
広告を出す場合も
自分の名前を出すか、
広告に顔写真を載せるか、、、

と悩む方がいます。

原因は様々ですが、

・私なんてまだまだだと思っている
・顔出しして、嫌な思いをしたことがある
・自撮りしている人が嫌だから

とか色々あると思います。

私ももちろん
最初は、抵抗があったのですが
働いていた会社の社長である
田中祐一さんが

全くそこのブロックがない姿を
何年も見てたので、
いつの間にか抵抗がなくなっていました。

今は、、、

必要なら動画も出るし、
楽しそうな写真は、
Facebookにアップしたいので
特に何も考えなくなっています。

でも、一回だけ
以前、夫のお義父さんが
私のFacebookを見ているという話になりました。

その時、
なんか、見られるの嫌だなーと思ったのです。

その時、私は
どうしたと思いますか??

それは、、、
迷わず、ブロックしました。

!!お義父さんとは仲良しですよ!!

理由は色々あるのですが、、、

発信するのも自由ということは
誰に発信しないのも自由だと思うので、、、

過去に嫌なメッセージをもらったことがあったり
罵倒されたりして辛い思いをしているなら、、、

嫌だなと思ったら
ブロックすればいいと思います。

私が、広告運用をしていて
思うこと

それは、、、
本当にいい内容や素敵な方でも
「まず、知ってもらわないと」
何も始まらないのです。

そして、そのために
広告ってあると思っています。

あなたが救いたいお客様が
あなたを見つけるために
発信や表現は大事だと思っています。

でも、発信に共感してくれない人や
共感して欲しくない人を
どうするかも、
自分自身で決めていいのではないでしょうか。

人は、<誰でも全員>は救えません。
だから、お手伝いできたり
サポートできたり、救いたい人だけを
大事にすればいいと思っています。

あなたが救いたい人は誰ですか?

家族だったり、
ビジネスパートナーだったり
お客様だったり、、、

その人たちが笑顔になるために
どうすればいいのか

そこを考えたら、
余計な人に
時間を使うのはもったいないと
私は、思います。

===============
自分にフォーカスを当てるのではなく
救いたいお客様や、自分の未来に
フォーカスを当ててみる
===============

そうすれば、
自分がこれからどうすればいいのか
ヒントを教えてくれますね^ ^

CATEGORY
PAST ARTICLES